琉球泡盛 久米島の久米仙

会社案内

美しい島に、透明な風、はじける光、鮮やかな緑。そして仙人ゆかりの絶世の酒。
名水湧き出す久米島北部・宇江城。その昔、夕暮れ時ともなると絶世の美女が現れ、野良仕事帰りの若者達に神酒をふるまっては、言い知れぬ酔い心地へ誘った。人々はこれを宇江城に住む仙人の仕業と噂しました。
「久米島の久米仙」の名は、その「久米の仙人」の言い伝えにあやかって生まれた現代の神水です。

自然が育む変わらぬ泡盛造り
豊かな自然に囲まれた久米島で、限りなく醇美な泡盛を造る。これも品質の高い泡盛造りには欠かせぬ条件です。水は天然の湧清水を使用し、米は厳選された南方硬質米、近代的な設備を用いながらも、麹やもろみ造りは人の手で限りなく自然に近い状態で行います。こうしたこだわりが皆様より高い信頼をいただいております。

会社概要

会社名 株式会社久米島の久米仙
代表取締役 島袋 正也
所在地 本社・工場沖縄県島尻郡久米島町字宇江城2157
tel.098-985-2276 fax.098-985-2013

営業本部・配送センター沖縄県浦添市港川2-3-3
tel.098-878-2276 fax.098-878-0011

創業 昭和24年1月1日
資本金 1,125万円
事業内容 泡盛製造販売
生産高 368万リットル(20,444石)
売上高 26億2千万円(平成25年12月期)
工場案内
敷地面積 8,595平方メートル
建物面積 6,718平方メートル
貯蔵タンク 60石/47本 90石/181本 100石/9本 460石/13本
貯蔵カメ 262本