1. 突然ですが、この画像の真ん中に写っている棒のようなもの、何かおわかりですか?

久米島便り

最終更新日:2021年02月04日

突然ですが、この画像の真ん中に写っている棒のようなもの、何かおわかりですか?



突然ですが、この画像の真ん中に写っている棒のようなもの、何かおわかりですか?
泡盛づくりに欠かせないこの道具について、久米島の久米仙の工場長が解説してくれました!

「これは検尺棒と呼ばれるものです。酒の量を計るために使います。この仕込みタンクの場合は、合計で3回検尺します。1回目は麹と水と酵母を合わせて醪(もろみ)にする際に、それぞれの配合が正しく仕込まれたか確認するため。2回目は発酵途中、3回目は発酵完了時に検尺します。
検尺棒を用いて、容量を計算するために深さをミリ単位で測ります。仕込み工程では、順調に発酵が進んでるのかを確認するのに重要な道具。貯蔵では容量の管理のために尺棒には2種類あり、空寸(くうすん)用と実寸(じっすん)用があるのも特徴です」


☆久米島の久米仙の泡盛はオンラインショップでご購入いただけます!→https://k-kumesen.biz/?utm_source=facebook...
ページのトップへ